「 2017年08月 」一覧

収益還元法による収益投資物件の価値

収益還元法による収益投資物件の価値

収益用の不動産物件の価値を評価する場合は、その物件からどれくらいの収益が得られるかという観点からの評価「収益還元法」が使われます。この収益還元法とは、その物件が生み出す収益力に基づいて不動産の価格を決定する方法です。物件の生み出す収益力が高ければ不動産価格も高くなり、収益力が低ければ物件の価格も安くなります。

出口戦略を描きやすい利回りのよい中古物件

出口戦略を描きやすい利回りのよい中古物件

利回りのよい中古物件は、売却時も購入時の価格で売れる可能性があり出口戦略が描きやすくなります。木造アパートなら築15年程度、RCマンションなら築20年程度で、利回りが15%程度で、賃貸需要が続くエリアにあるものなら、多少空室があっても、すぐにでも購入するといいかと思います。