空き家の賃貸

空き家の賃貸

転勤などによって空き家になった持ち家は、「売却」「賃貸」「そのまま所有」などどうしたらいいでしょうか?

私は、新しい家を所有してそれまでの持ち家が空き家になってしまったのですが、奥さんの愛着が強く「売却」はできず、空き家のまま所有していますが、維持管理が大変です。

維持管理にかかるものは次のようなものです。

  • 固定資産税
  • 火災保険
  • 建物の維持
  • 植木・雑草など対応

火災保険は、無人の家ですと通常の家の1.5倍ほどの保険料になります。空き家は放火などの不審火により火災が多いのが原因のようです。ということは保険をかけておかないと不審火などの被害を受ける可能性がありますので、加入しないわけにはいけません。

建物は、外壁や屋根などはどんどん経年劣化してきます。サイジングなどの外壁でしたら耐用年数は10年〜15年、コロニアルの屋根も同じ程度です。

ボロボロになったまま放置しますと、上からの塗装ができなくなり、できてもまたすぐに剥がれてしまうなど、修理が効かなくなってしまいます。

また、外壁が割れたりしてそこから雨漏りがしたりしていますと、住んでいないため発見が遅れがちになって、かなり痛んでから気がついたといったことになりかねません。

植木や庭の雑草の対応もかなり面倒になります。梅雨時などは庭木や雑草があっという間に伸びますので、放置しておくのはご近所の迷惑にもなります。

剪定や除草を業者に頼む訳ですが、ついつい忘れがちになってしまいます。

このように空き家のままの空き家の維持は、経済的にも建物のためにもあまりいいことはありません。

空き家を賃貸で貸し出すか?

その家は、延べ床面積が35坪ほどの4LDKで、普通車が1台が入る車庫付です。周囲の戸建て賃貸の家賃相場を調べると、田舎なので月8万円くらいです。年間だと96万円。個人所有ですので、所得税と住民税で30%ほど(私のケースです)かかりますので、実質残るのは70万円弱になります。

しかし、賃貸の前に、壁紙が汚れていたりエアコンも古くなっていますので、かなりのリフォームが必要です。恐らく100万円ほどかかるでしょうか。その回収に2年ほどかかります。

もし、5年入居してもらったとして、手元に残る金額は250万円ほどになります。

果たして250万円のために、愛着のある元我が家を貸し出すか?悩みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする