「 出口戦略 」一覧

出口戦略を描きやすい利回りのよい中古物件

出口戦略を描きやすい利回りのよい中古物件

利回りのよい中古物件は、売却時も購入時の価格で売れる可能性があり出口戦略が描きやすくなります。木造アパートなら築15年程度、RCマンションなら築20年程度で、利回りが15%程度で、賃貸需要が続くエリアにあるものなら、多少空室があっても、すぐにでも購入するといいかと思います。

節税のためのアパート建築?

節税のためのアパート建築?

固定資産税や相続税を減らすために所有している土地でのアパート建築がよく行われていますが、収支は合うのでしょうか?アパートの新築は購入時点で資産価値を大きく毀損します。よほど収益物件としての価値がないと節税どころか資産を失うことになるかもしれません。