「 収益投資物件の購入 」一覧

収益還元法による収益投資物件の価値

収益還元法による収益投資物件の価値

収益用の不動産物件の価値を評価する場合は、その物件からどれくらいの収益が得られるかという観点からの評価「収益還元法」が使われます。この収益還元法とは、その物件が生み出す収益力に基づいて不動産の価格を決定する方法です。物件の生み出す収益力が高ければ不動産価格も高くなり、収益力が低ければ物件の価格も安くなります。

「売却」という所有地の活用法

「売却」という所有地の活用法

土地を所有していると節税のためにアパート・マンション・戸建賃貸住宅を建てませんかと土地の活用を提案されますが、業者のいいなりになっていると節税どころか大きな損失になることもあります。だれも提案してこない活用法が土地の売却です。

節税のためのアパート建築?

節税のためのアパート建築?

固定資産税や相続税を減らすために所有している土地でのアパート建築がよく行われていますが、収支は合うのでしょうか?アパートの新築は購入時点で資産価値を大きく毀損します。よほど収益物件としての価値がないと節税どころか資産を失うことになるかもしれません。

両手取引 売り主・買い主どっちの味方?

両手取引 売り主・買い主どっちの味方?

不動産売買で売り手側と買い手側の両方が同じ不動産会社になる場合があります。その場合には、売り手、買い手どっちの味方でしょう?両手取引では物件の悪いところはあえて言ってくれない可能性もありますので、買い手側に立った場合は注意すべきです。