2千円で済むダウンライトのLED化

アパートやマンションの廊下や共用スペースには、ダウンライトを使っていることが多いですが、中古の投資用アパートやマンションの場合には、ダウンライトはLEDではなく下の写真のようなコンパクト型蛍光灯などを使っているケースが多いです。

この蛍光灯ですが、寿命はそこそこあるのですが、複数の物件を抱えていますとかなりの数になり、年に何カ所かの蛍光灯がだめになります。交換作業はかなり面倒なものです。

このダウンライトをLED化すれば、切れることはほとんどありませんし、電気料も若干安くなります。

そこで電気屋さんに見積りをもらうと、いい製品を使って結構高い見積りがきたりします。

見積りがきたら見てみて下さい。本体価格はいくらでしょう?昔はとても高かったLEDダウンライトは、いまでは、簡素なもので本体が実売価格1,000円ほどです。LED電球が700円ほどですので、2,000円ほどの機材費で交換できてしまいます。

交換はDIYで簡単にできますが、電気配線の抜き差しは電気工事士の資格がないとできませんので、資格がない場合には電気屋さんに依頼することになります。

所有するアパートやマンションの照明をLED化する際には、見積りをよく点検し余計な支出にならないようにしましょう。できればDIYで安く済ませたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする