スルガスキーム

昨年秋ごろから、スマードデイズ(旧スマートライフ)が運営するシェアハウス「かぼちゃの馬車」が行き詰まって、同社とサブリース契約しているシェアハウスのオーナーが賃料を得られないというかなり危機的な状況になってきているようです。

差し押さえ

「0から始めるサラリーマン大家」などと甘い言葉で勧誘されて、1億円を超えるようなシェアハウスを建設し、サブリースで30年間は安心して儲けられると思ったサラリーマン大家さんは真っ青になっていると思います。

このシェアハウスを建設する際に融資を積極的に行っていたのが不動産購入に際によく利用されるスルガ銀行ですが、同行はこのビジネスモデルについて本当にうまくいくと思っていたのでしょうか。報道によると、(今後も融資を続けると危ないと思った)スルガ銀行が、同シェアハウス建設の新規融資をやめたため新規建設による収益がなくなり経営が行き詰まったようです。

いくら高額所得のサラリーマンや公務員など利用者の属性が良くても、不動産投資の素人に簡単に多額の融資をするのはやめて欲しいです。

不動産を購入する方も、他行が融資できない物件は無理やり買わない方が無難です。

スルガ銀行の金利は4.5%ほどですが、1億円借りたら初年度の返済額は金利だけで450万円ですよ。もしその物件で事故とかあったらそれでジ・エンドです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする