専任媒介契約のメリット・デメリット

アパートやマンションなど所有している投資物件を売却する場合に、1社の不動産会社に売買を完全に任せる場合と、複数の不動産会社にオープンにして売却してもらう場合がありますが、1社に任せる契約には、「専属専任媒介契約」又は「専任媒介契約」とがあります。

専属専任媒介契約は、売買は必ずその業者に任せるというもので、例えば、所有者の知り合いが買いたいといった場合も、その業者経由にする必要があります(仲介手数料が発生します)。これに対して、専任媒介契約は所有者が知人などに自ら売却する場合には業者を介する必要はありません。

専任媒介契約のメリット・デメリット

所有する物件が投資物件として魅力(価値)がある場合は専任にすることによるメリットはあまりないと思います。
特に、ネットなどの一括査定サービスなどによって選んだ不動産会社を専任にしてしまうとデメリットの方が多いかもしれません。

一括査定の際には、不動産会社は取り扱いさせてもらおうと市場価格よりかなり高い査定額を示してくることがあります。これは単純に専任になりたいがためです。提示された高い査定額で売れればそれにこしたことはありませんが、買う方も投資ですので、市場価格を無視した高い価格で買ってくれるはずはありません。

そうなると、その物件は塩漬け状態になりますが、それも専任となった不動産会社の想定内です。所有者がしびれを切らしてくると「少し価格を下げてみましょうか」と提案してきます。そして査定額よりも低い価格で売る羽目になってしまいます。

実は、専任媒介契約の場合でも不動産会社は、「指定流通機構への登録」への登録義務があり、物件が登録されると広く他の不動産会社もその物件の存在を知ることになります。そして仲介もできるようになるのですが、両手取引をしたい不動産会社はその物件を「商談中」として手放すことはありません。

専任媒介契約にするといかにも一生懸命売ってくれすぐに売れると思いがちです。もちろん一生懸命売ってくれるとは思いますが、販売力の点では物件のあるエリアにある地元の不動産会社の方が強いことも多いです。

ですので、専任媒介契約の場合には、期間を切って2ヶ月以内とするなどにした方が無難です。それに難色を示すような業者は初めからやめておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする